スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
カテゴリ: Stoner/Alternative/Ambient...etc
Oxbow(title:narcotic story/label:Hydra Head)country:USA
01422_convert_20090126214419.jpg
「It's impossible for me to give The Narcotic Story a fair review」
某サイトでこんなことが書いてありました
まさにそのとおり。このてのジャンルを筆舌に起こそうとするのが間違いだと
そう思わざるを得ないのです

80年代から今日までメンバーチェンジを行わないで
活動をしているでドゥーム/オルタナ系バンドOxbow

音を説明することはできないのでどういう風な印象かというのだけを

音楽を聴く上でいろいろな感覚がありますが
はじめにこのCDを聴いて感じたのは
ロシアや東欧のモノクロサスペンス映画を見ているような恐怖
単純な恐怖ならKhanateなどが挙げられますが
それにまして脳の奥底に直接語りかけるような激しい感情の波
悲しみ、痛み、苦しみ
そのような感情の暗い部分
特に悲しみ。痛いほどの空虚、悲愴、悲愴。。。
そのエネルギーに完全に侵食され、完全に体内に音が刻み込まれてしまい
終わったときに感じるのは疲労と筆舌に表しがたい感情
Neurosisが影響を受けたというのも納得です


見た方が早いですね

奇才vo,ユージーン・ロビンソンはいったい何を考えているのやら
大名盤だと思います


スポンサーサイト
編集 / 2009.01.26 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カテゴリ: Stoner/Alternative/Ambient...etc
Earth(title:The Bees Made Honey in the Lion's Skull/label:Southern Lord)
bees.jpg
ドローン、ドゥームなどの方面の大御所Earthの5作目、目下最新作のこの作品
恐ろしいことに、これは2008年リリース。こういったのをすぐに買っている自分が恐ろしいです。

少し説明をしますとearthのディラン・カールスンという人はNIRVANAのカート・コバーン
とかなり仲が良かったらしく、カートが自殺に用いた猟銃を買い取ったというエピソードを持っています
背筋が凍りつきます。

この手のバンドについて僕はあまり音とかそういうことをかけるほどの技量がないので
earthの説明程度しかできませんが、この作品ではかつてのEarthの暗黒世界はなりをひそめ、
オルタナティブと言っていい感じの、非常に洗練された音世界となっています。
しかもそんなにねくれた構成じゃないため、POSTROCKのような単純な美しさも持っています。
しかしEarthというバンドに美しいという言葉を使うのに違和感を禁じえない自分がいるのも確かです

この手のものをあまり聞かない方は、暇になったらSouthern Lordのものなんかに
手を出してみるのはどうでしょうか?
いろいろと新しい発見があります。

Earth(試聴できますが、あまりお勧めはしません)

ところで、色々なところで2008年のBESTリリースランキングみたいなのをやっていますが
僕も生意気にも挑戦してみようと思っています。
なんか今リストを作っているところなんですが、すごく色々なものが混じっているので
ランキングとして成立するかちょっと不安です。
多分ONE LIGHT OUTやHANDHELDなど重要なものをかなり買っていない僕は
かな~り変な感じになってしまうと思うのですが、
興味のある方がいるかどうかわかりませんが、見ていただけるとありがたいです
編集 / 2008.12.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

mugika

Author:mugika
Fast、Pop、Irish、ChaoticなどPunkやHARDCOREと名のつくものを、マイペースに書いていきたいと思います。

最近のトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。